about

wataru igarashi

composer. producer. guitarist. DJ

from D-28 to TB-303, turntables to microphones.

Official HP: http://www.wataruigarashi.com

Wataru Igarashi aka wata, a multi-talented composer, guitarist, DJ and  recording  artist, spent his childhood absorbing the cultural eclecticism of  Tokyo, London, and Madrid. At fifteen, he began his music career in  Madrid as a punk-guitarist for a skate-rock band called F.O.D.,  frequently playing at skate championships and live-houses and getting  featured in Spanish Skate magazines.

After his return to Tokyo in 1992, he shifted his musical focus to  less convention-following free-improvisation and jazz, and formed an  experimental instrumental band called Indigo Cage Airlines, with whom  he has been performing in and around Tokyo for 15 years. Thus far,  they’ve released two albums “Indigo Cage Airlines” and “Occupied <->  Vacant”.

From 2003 to 2008, Wata made valuable contributions to SYN  Entertainment, a Tokyo-based music production company co-owned by Nick  Wood, and Simon Le Bon of Duran Duran. Attaining the role of musical  director there, he composed and wrote scores for numerous successful  TV commercial campaigns, commissioned by corporations like Toyota and  Sony, and released several songs under the SYN label, including “Gente Bonita”, which rose to No.22 on the iTunes dance chart.

Recently, he has been directing his diverse musical energies toward  the dance floor. Of late, he’s also been producing some distinctive,  groovy tech-house tracks. Of his creations, says Wata, “When I make a  song I want to make sure that the song is trippy enough to take you  somewhere.” Clearly, as an early globetrotter himself, he wants to  send his listeners on a journey of their own. The music he produces is made up of a myriad of elements from his  diverse musical background. He seamlessly runs the genre gamut,  merging andre-shaping earlier influences of punk with more  sophisticated free-form jazz and sharpening his chops on more cutting- edge, deep techno groove and electronic beats. He’s served well by  inventive sensibilities and a keen understanding of modern  technological tools now at the disposal of musicians and composers.

……………………………………………….

作曲家、ギタリスト、DJ、アーティストとして活動する Wataru Igarashi(aka wata, 五十嵐渉) はロンドン、マドリッド、東京という3つの異なった文化圏で幼少期を過ごす。マドリッド在住の15歳の時、スケートボードパンクバンド、F.O.D.のギタリストとして音楽活動を始め、スケート大会やライブハウスなどで演奏し、またスペインのスケボー雑誌等に取り上げられる。

1992年に帰国してからは、従来の形にはまらない即興演奏やジャズに音楽活動の焦点を移し、即興インストバンド、Indigo Cage Airlinesを結成する。バンドは都内外で勢力的にライブ活動を行い、”Indigo Cage Airlines”と”Occpuied<->Vacant” 2枚のアルバムをリリースしている。

2003年から2008年まで、Wata はNick WoodとデュランデュランのSimon Le Bonが東京に持つ音楽制作スタジオ、Syn Entertainmentに所属し、作曲家兼ディレクターとして、トヨタやソニー社のような企業に200以上ものテレビCM用楽曲を書き下ろす。また、この時期にSynレーベルよりWataがリリースした数曲の中の一曲”Gente Bonita”は小室哲哉氏のiTunesプレイリストに選ばれ、iTunes Dance Chartの22位まで登りつめる。

現在はフリーランスの作曲家、音楽プロデューサーとして、TVCM、TV番組用音楽、企業VP音楽、映画用音楽、ウェブ用音楽など楽曲制作を行っている。

最近では、2010ワールドカップに向けプロデュースした”Passion” by Silvio AnastacioがiTunesワールドミュージックチャートで2位を獲得。

また、2010秋には、、Wataru Igarashi名義のEPが2枚、NYのレーベルStatra Recordingsよりリリースされる事が決定している。

  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。